ネズミ駆除の補助金一覧を紹介

ネズミの被害は、家庭や職場・お店などの衛生環境に大きな問題を引き起こします。物品の損傷や、火災の発生など、ネズミがもたらす被害は多岐にわたります。しかしながら、駆除を業者に依頼する場合はどうしても費用が発生してしまいます。そのためこのブログでは、ネズミ駆除やその他の動物に関する様々な助成金情報をまとめました。助成金の利用方法から、駆除のコツ、専門業者の選び方まで、詳しく解説します。お住まいの都道府県でネズミ駆除の助成金がないか確認するためにご活用ください。

ネズミ駆除の助成金について

ネズミ駆除に際し、多くの自治体が助成金制度を設けています。ただし、ほとんどが一般家庭向けの助成金はなく、農林関係者や産業団体向けの助成金であることをあらかじめお伝えします。それでも一部、一般家庭向けの助成金や補助金が存在しますので、都道府県別でご紹介します。

全都道府県の助成金一覧

都道府県 補助金 ソース
北海道 一般向け:なし
産業団体:林業関係事業補助金
青森県 一般向け:なし
産業団体:なし。(知事の判断による公共施設等の駆除支援可能)
岩手県 一般向け:なし。※宮古市に限りネズミ駆除の研修会に参加する費用を負担しています。
産業団体:鳥獣被害防止総合対策交付金
宮城県 一般向け:なし
産業団体:登米市に限り鳥獣被害補助あり
秋田県 一般向け:なし
産業団体:なし
山形県 一般向け:なし
産業団体:農地維持支払交付金・多面的機能支払交付金
福島県 一般向け:なし
産業団体:農地向け鳥獣被害防止総合対策交付金
茨城県 一般向け:なし
産業団体:なし
栃木県 一般向け:なし
産業団体:森林病害虫等駆除事業補助金
群馬県 一般向け:なし
産業団体:農地向け鳥獣被害防止総合対策交付金
埼玉県 一般向け:なし。※さいたま市のみネズミ駆除技術研修会受講料負担
産業団体:蓮田市環境保全事業支援補助金
千葉県 一般向け:なし。
※県民にネズミ駆除の研修会に参加する費用を負担。
※船橋市のみネズミ駆除用品の無料配布。
産業団体:感染症予防事業負担金
東京都 一般向け:大田区のみ、専門家現地派遣調査を無料提供
産業団体:中央区のみ、地域ねずみ駆除・防除等促進事業補助金
神奈川県 一般向け:横浜市のみ、罠カゴ無料貸し出しとアドバイス提供
産業団体:なし
新潟県 一般向け:新潟市と燕市のみ、薬剤補助金あり
産業団体:なし
富山県 一般向け:なし
産業団体:なし
石川県 一般向け:なし
産業団体:森林病害虫等防除事業補助金
福井県 一般向け:なし
産業団体:鳥獣のいない里づくり推進助成
山梨県 一般向け:なし
産業団体:有害鳥獣被害防止用施設設置等補助金
長野県 一般向け:なし
産業団体:中野市有害鳥獣対策事業補助金・諏訪市野鼠駆除事業補助金
・駒ヶ根市有害鳥獣駆除対策助成金
岐阜県 一般向け:なし
産業団体:岐阜市鳥獣被害対策支援事業・高山市農作物獣害防止対策事業補助金
静岡県 一般向け:富士環境衛生自治推進協会環境衛生改善事業補助金
産業団体:鳥獣被害防止対策事業費補助金
愛知県 一般向け:なし
産業団体:豊橋市獣害防除対策事業補助・岡崎市鳥獣害対策事業費補助金・林業振興対策事業補助金・瀬戸市有害鳥獣類被害防止対策補助金
三重県 一般向け:
産業団体:有害鳥獣防護柵設置補助金(松坂市) 有害獣被害防止対策事業補助金(亀山市)
滋賀県 一般向け:なし
産業団体:(長浜市)鳥獣害に強い地域づくり支援事業(補助金、捕獲檻の貸し出し、追払い用花火の配布)
京都府 一般向け:なし
産業団体:なし
大阪府 一般向け:なし。※豊中市に限りネズミ駆除の研修会に参加する費用を負担しています。
産業団体:有害捕獲活動の支援制度 有害鳥獣防止施設実施事業(茨木市)
兵庫県 一般向け:なし
産業団体:(丹波篠山市)獣害対策事業補助金 (宝塚・三田)農作物被害防止事業補助金
奈良県 一般向け:(奈良市)相談のみ受付(業者を紹介)
産業団体:(奈良市)有害獣防除施設(電気柵等)の設置補助 (生駒市)有害獣被害防止対策事業補助金  (天川村)防護施設(防護ネット・電気柵等)の設置補助
和歌山県 一般向け:なし
産業団体:(和歌山市)有害鳥獣被害防止事業補助金 (田辺市)衛生害虫駆除用薬剤購入補助金
鳥取県 一般向け:なし
産業団体:(鳥取県)鳥獣被害総合対策事業費補助金
島根県 一般向け:なし
産業団体:(松江市)有害鳥獣被害対策事業補助金 (出雲市)有害鳥獣被害対策事業補助金
岡山県 一般向け:なし
産業団体:(岡山市)捕獲奨励金 (真庭市)有害鳥獣捕獲事業補助金 (瀬戸内市)有害鳥獣捕獲等事業補助金 (倉敷市)有害獣防護柵設置補助金
広島県 一般向け:なし
産業団体:(東広島市)防護さく設置事業補助金 (安芸高田市)有害鳥獣対策補助金 (府中市)鳥獣被害防止計画
山口県 一般向け:なし
産業団体:(美祢市)獣害防護施設設置事業
徳島県 一般向け:なし
産業団体:(徳島市)小規模鳥獣侵入防止柵設置補助金
香川県 一般向け:なし
産業団体:(高松市)獣害対策用侵入防止さくの補助制度 (観音寺市)有害鳥獣対策事業補助金
愛媛県 一般向け:なし
産業団体:(松山市)鳥獣被害防止施設等資材購入費補助金 (今治市)農業生産被害対策費補助金 (西条市)有害鳥獣被害の防除費用 (西予市)有害鳥獣捕獲に対する補助金
高知県 一般向け:(香美市)害虫駆除補助金
産業団体:なし
福岡県 一般向け:なし
産業団体:(太宰府市)有害鳥獣被害防止対策事業補助金
佐賀県 一般向け:なし
産業団体:なし
長崎県 一般向け:なし
産業団体:(長崎県)鳥獣対策関連の補助制度
熊本県 一般向け:なし
産業団体:なし
大分県 一般向け:なし
産業団体:(大分市)鳥獣被害防護柵の購入費補助
宮崎県 一般向け:(小林市)害虫駆除 相談のみ
産業団体:なし
鹿児島県 一般向け:なし
産業団体:(出水市)有害鳥獣捕獲事業補助金
沖縄県 一般向け:(南城市)ヤスデ対策と駆除剤購入費補助金
産業団体:なし

※補助金は募集人数が店員に達した場合、募集期間が終了してしまいます。その場合は、次期の補助金が無いか各自確認が必要です。

詳細ボタンから情報源のソースを確認できます。それぞれの補助金ページから申請手順があります。ほどんどの補助金は、直接問い合わせをする必要がありますので、ソースページにある連絡先にご連絡いただき、該当の行政機関に申し込むようにしてください。

市役所が対応するサポート

市役所では、ネズミ駆除に関するアドバイスを受けることはできますが、駆除をしてもらうことはできません。あくまで個人で駆除を行う必要がありますので、期待はしないようにしましょう。それでも市役所に助力を求める利点として、お困りの状況に応じて担当者がアドバイスをくれる場合があります。ネズミの生態や予防方法に関する知識を教えてもらい、駆除を行う前段階として必要な知識を得てから駆除する方が効率が良いです。または、有識者のブログなどを通して駆除知識を知るのも一つの手段です。

市役所によってはネズミ捕獲用の罠貸し出している

一部の市役所では、ネズミ捕獲用の罠カゴ貸し出しを行っています。ただし、ネズミの駆除を罠カゴで行うことはあまり効率的な方法ではなく、どうしても困っている一般人に向けてせめてもの助力として貸し出しています。

ご自身でネズミの駆除を行うには、市販の粘着トラップや燻煙缶を購入する方が効率よく駆除が良いため、罠カゴを借りるのは最善の策ではないことは知っておきましょう。

直接的な駆除をしてくれる市役所はいない

重要な点として、市役所自体が直接的なネズミ駆除を行うことはありません。市役所の役割は、あくまで情報提供や支援に限定されているため、実際の駆除作業は専門業者に依頼する必要があります。市役所のスタッフにお願いすればペストコントロール協会や市役所と繋がりのある業者を紹介してもらうことは可能です。

もし受けられる補助金がある場合は、市役所や行政機関の指示に従って駆除を行う必要がありますが、受けられる補助金がない場合は、複数の駆除業者に相見積もりをしてもらうことが最も望ましいです。

ネズミ駆除の相場

駆除の相場統計

※害獣駆除対策センター2022年度ネズミ駆除実績より統計算出

ネズミ駆除の相場は、依頼する地域や駆除の範囲、建物の構造や必要な作業内容によって大きく異なります。あくまで目安として害獣駆除対策センターの提供した駆除費用の統計として、相場を確認できるグラフをまとめました。約4割のお客様は、5万円以内でネズミ駆除を行いました。被害が大きかったり、建物の一部修繕が必要になる場合は、5万円以上の費用が発生してしまうこともあります。

ネズミ駆除で火災保険は使える?

火災保険は”ネズミ駆除”という名目では絶対に保険は使えません

一般的に、火災保険はネズミ駆除の費用をカバーするものではありません。一部手厚い保証に加入している場合は、老朽化による被害という事で保険が下りる場合もありますが、ネズミによる被害が原因で発生した事故や損害については、対象外となることがほとんどです。

一部火災保険が使える例外がある

ネズミの駆除費用として火災保険を使うことは困難ですが、火災保険によっては家の破損部位について保険が下りることはあります。しかしながら、火災保険でネズミの駆除費用を全額補うことは難しく、保険会社との審査期間を待っている間にもネズミは繁殖してしまいますので、急を要する場合にはあまりお勧めできません。

具体的に、ご自身の加入している火災保険の条件について確認するようにしましょう。

安く駆除を依頼するコツ

ネズミ駆除の費用をできるだけ抑えるためには、以下のポイントに注意することが重要です。

業者を紹介するサービスは手数料が高い

害獣駆除のサービスを提供する企業は大きく分けて2種類あります。直営の自社施工を行う会社と、下請け業者に依頼する会社があります。もちろん、下請けの業者に委託・紹介している会社の駆除費用はお見積りには表記されませんが、必ず20%前後の手数料が含まれています。

紹介や委託をする会社に依頼する場合は、
(駆除費用)10万円 + (手数料)20% = 12万円
といった形で請求されることになります。

自分で見つけた複数社に相見積もりを取る

1つだけの会社だけの話を聞いて依頼するのは絶対にオススメできません。駆除費用は業者によって駆除方法や保証サービスの長さがそれぞれ違います。ただし、複数社に見積もりを取るのは時間と労力がかかります。どうしても面倒な場合は、嘘でも「相見積もりをする」と伝えるだけで高額請求をされるリスクが減ります。

すみやかに駆除の依頼をする

ネズミの被害は時間とともに拡大します。被害を放置すればするほど、駆除すべきネズミの個体数が増えますので一日でも早く業者に依頼するようにしましょう。

現地調査を無料でしてくれる業者を探す

ネズミの駆除を行っている業者のほとんどは調査が無料です。調査が有料だという業者は便利屋さんか、工務店の大工さんの2パターンに分かれます。適正価格と不十分なサービスである可能性があるため、リスクを回避するためにも、駆除専門業者に無料調査を依頼し、複数社の話を聞くようにしましょう。

見積もりの不要な作業は削減する

見積もりの際、不要な作業が含まれていないかを確認し、安く駆除できるように工夫しましょう。ネズミの駆除では主に、追い出し・侵入経路の封鎖・毒エサ・粘着トラップ設置が見積もりに含まれていることが多く、それ以外の不要項目がある場合や不要と感じられる項目については削減するように駆除業者に相談しましょう。

自分で駆除する方法

プロに頼まずにネズミ駆除を行う方法についてです。市販のネズミ駆除用品を利用することで、自分でも駆除を行うことができますので、いくつかのおすすめの商品も含めて紹介します。

1)お部屋に毒エサとトラップを置く

毒エサを設置するのはネズミ駆除を行うのにプロの業者でも取る手段です。設置する場所を的確に見定めて毒エサを仕掛けることが重要です。ネズミの通り道や痕跡が見られる場所に集中して設置しましょう。

毒エサ系 おすすめ商品

毒エサ系の商品は、ネズミを直接的に駆除するために用いられます。これらの商品に含まれる有効成分は、ネズミが摂取すると体内で効果を発揮し、駆除につながります。

「ネズコロンS」は、ネズミが好む味付けが施されており、ネズミが食いつきやすい毒餌です。
「デスモアプロ」は、即効性があり、大量発生しているネズミの駆除に適しています。

毒エサ系の商品は、ネズミの活動が活発な場所や、長期間にわたる駆除が必要な状況で効果を発揮します。

毒エサの効果的な使い方:
①受け皿に直接手で触れない様、手袋をつける。
②毒エサを不要な受け皿に設置する。
③壁沿いの暗い場所に置く。
④毒エサと普通の食べ物を混ぜる。(パンや乾燥麺など)

2)粘着トラップを設置する

粘着トラップはネズミの個体数を確実に減らすのに便利です。ただし、正しい設置場所と設置方法で使うことで初めて効果を発揮します。2つ折りで開いて使用できる粘着トラップがほとんどですが、そのまま地面においてもネズミが引っかかることは少なく、トンネル状に折り曲げたり工夫することでネズミが捕まりやすくなります。

トラップ系 おすすめ商品

トラップ系の商品は、粘着シートが主流で、ネズミを物理的に捕獲します。トラップを置くだけではネズミは警戒して近寄らないので、ネズミが誘引されるエサや香りを利用して、トラップの中に誘い込みます。

例えば、「プロ仕様ねずみ捕獲シート」は、強力な粘着力でネズミを捕獲することができます。
また、「SHIMADA ネズミ捕りシート」も同様に、粘着式でネズミを確実に捕らえる設計となっています。

粘着トラップの効果的な使い方:
①トラップは必ず壁際に設置する
②トラップの中央にエサを置く。
③ネズミの通り道に置く。
④四角いトンネル状やL字に折り曲げて設置する。

3)天井裏で追い出し煙を焚く

天井裏など、手が届きにくい場所でのネズミの活動が確認される場合は、追い出し煙を使えば一、度にネズミを家から追い払うことが可能です。追い出し煙は一時的な対策にとても効果的な商品で翌日まではネズミは家に帰ってきません。煙を焚いてからネズミの出入り口と思われる箇所を塞ぐことでネズミの被害が止まることを期待できます。

追い出し系 おすすめ商品

これらの商品は、ネズミが嫌がる強い臭いや煙を利用して、家からネズミを追い払うことに高い効果を持つ商品です。使い方によっては電子機器に悪影響を及ぼす可能性がありますので、用法を守って使用しましょう。

「ネズミ一発退場」のくん煙タイプは、煙を発生させることでネズミの嗅覚を刺激し、不快に感じさせる効果に特化しています。
また、「バルサン」は広範囲に忌避剤の効果が及ぶため家全体に煙を広げることで、隠れているネズミも追い出すことができます。さらにがネズミの体毛に付着しているノミ・ダニなどの害虫も同時に殺虫できるためおすすめの商品です。

忌避剤の効果的な使い方:
①天井裏や床下で煙を焚く。
②戸建ならば2~4か所で焚く。
③炊いた後は、屋外の侵入経路を塞ぐ。

4)室内を綺麗に掃除する

ゴキブリと同じく食べ物をめぐって家に侵入するため、部屋を掃除したり、食べ物を置きっぱなしにしないこと、ネズミの隠れ家や餌場までの安全な通り道を無くすだけでも被害は減る期待ができます。

さらには、ネズミはサラダ油のボトルに穴を開けるほど餌に対する執着心が強い動物です。常温保管の食べ物はネズミが特に狙いやすい食品ですので箱に入れるなどして手を付けられないようにすることが重要です。

掃除をどこまでするべきかという目安としては、
①床の掃除:床に食べかすがなにも落ちていない状態にするべく掃除機をかける。
②不用品を処分する:無用な段ボールや室内に置かれている段ボールを無くす。
③台所の整頓:台所の食べ物をタッパや缶の小物入れに入れる。

最低でもこれら3点は確実に実施するようにしましょう。

5)根気よくネズミが捕まるのを待つ

ネズミの駆除は自分で駆除するには根気よく対策をする必要があります。築年数が40年を超えている住宅の場合は、なかなか駆除が完了しない場合もあります。ネズミの侵入経路をすべて封鎖しなければ止まらない状況もあります。

これらの対策を繰り返してもネズミがいなくならない場合は、庭にネズミが住処にできる場所があったり、食べ物があることによって被害が収まらないこともあります。

そのような場合でもできる対策はあります。具体的にほかにもできるネズミ駆除の駆除や忌避方法も紹介します。

  • 庭にミントなどのハーブ系の植物を植える
  • 室内にハッカオイルやミントスプレーなどを吹きかける
  • 屋外のゴミ置き場を清潔に洗う
  • 家から30メートル四方のネズミの住み家を無くす

自分で駆除が不安な場合は専門業者に相談してみる

自分での駆除に自信がない場合や、被害が大きい場合は、専門の業者に相談することをお勧めします。我々、害獣駆除対策センターでは数多くのネズミ被害に悩むお客様の駆除を行って参りました。一般住宅や、商業ビル、寺社仏閣、公共施設など様々な駆除実績がありますので、お困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

ネズミ駆除のおすすめ記事

この記事の作成者
害獣駆除の専門家 ケーシーさん

害獣駆除対策センター
害獣駆除の専門家
元田 ケーシー


害獣駆除対策センターの害獣駆除の研究員です。害獣の生態や効果的な忌避方法を研究しています。記事で執筆している内容は、自社で試験調査した内容や、国内と海外の学術論文を基に情報提供しています。

地域別駆除実績

関西エリア

関東エリア

東海エリア