大阪・兵庫・京都など関西一円、関東、中部のアライグマ・イタチ・ネズミ・ハクビシン・コウモリ・シロアリ・蜂等、害虫・害獣の駆除なら、ホームレスキュー株式会社へ!

大阪の害獣駆除専門ホームレスキュー株式会社 全国最安値を目指します card

害獣・害虫駆除 関東・中部・関西一円対応
Web相談24時間365日対応

0120-072-739

0120-072-739

  1. 害獣・害虫駆除のホームレスキュー TOP
  2. 害獣・害虫コラム
  3. ネズミ対策コラム
  4. 自分でできる、ダニ駆除の方法をご紹介

害獣・害虫コラム

Columns

現場スタッフが害獣・害虫に関するお役立ち情報を発信します。

自分でできる、ダニ駆除の方法をご紹介

ダニといっても様々な品種のダニおり、中には人間の皮膚に寄生して吸血するダニなど恐ろしい種類もいます。

これらの小さな吸血性のダニは日本全国に分布しており、しっかりと対策をしておかなければあなたの庭や家の中に巣を作ってしまい様々な被害や症状が現れてしまいます。

もし、ダニの被害に気が付いて駆除をしなければいけない方にこちらの記事がお役に立ちますので予めダニの対処法を理解しておきましょう。

ダニの及ぼす被害

ダニが自宅に現れてしまったらアレルギー症状だけでなく、もっと恐ろしいライム病・重症熱性血小板減少症候群・日本紅斑熱・つつが虫病・マダニ媒介性回帰熱など様々な病を引き起こしますので注意が必要です。

ライム病とは、インフルエンザに非常に似た症状を引き起こす病気で75%の人が自宅や周辺の庭でダニに刺されて発症しています。

もしダニに刺されたとしたらご自宅の周辺にダニが繁殖している可能性が非常に高いですが、ダニが発生するまでになっている場合は、そのほかの害虫も繁殖している可能性が非常に高いです。幸いなことに、ダニの駆除用の薬剤の多くはダニ以外の害虫に効果がある物がほとんどです。駆除をする場合は家の周りの不快害虫を一掃する意気込みで始めるようにしましょう。

当社ホームレスキューでは害獣・害虫の駆除に役立つ情報を提供しています。当社は害獣・害虫駆除のスペシャリストですのでご自身で駆除に行き詰ったり困ったことがあればお気軽にお問合せ下さい。

ダニってどんな生き物?

ダニはよく昆虫の一種と思われていますが、実はクモ類であり、サソリ、ダニ、クモは同じ種族です。日本では

多くの人がダニを昆虫だと思っていますが、実際にはクモ類であり、サソリ、ダニ、クモと同じ家族です。日本には数えきれないほど数多くの品種のダニが生息しており、その中でも吸血性をすることで有名なマダニだけでも47種類ものマダニが生息しています。

ダニを見分ける方法

ダニの種類は、灰色、白、茶色、黒、赤褐色、や黄色と様々な種類のダニがあります。大人は平らな楕円形の翼のない体をしています。

マダニが血粉を食べると、トウモロコシの粒のように体が腫れて丸くなります。ニンフと成虫のダニは8本の足を持っていますが、ダニの幼虫は6本しかありません。ダニの幼虫は、砂粒ほどの大きさでほとんどの場合は吸血を通して得られる栄養で成長していきます。

家にダニが現れてしまう原因

自宅にダニが現れてしまう原因は大きく分けて二つあります。一つは、公園や山などから人間の衣服などに付いて持ち帰ってしまう場合と、二つ目はネズミや犬などの動物が自宅に運び込んでしまう場合に分けられます。

自宅に運び込まれてしまったダニは繁殖するために最も適した環境が整っている場所を探します。基本的には、暗くて湿度が高い場所を好みます。庭などにダニが棲み付いている場合は背の高い草、湿った土、そして直射日光がずっと当たらないによく生息します。屋内の場合は、襖・タンス・カーペット・ベッド・カーテン・段ボールなどに取りつき人間に寄生する機会を伺います。

自宅にダニがいるか確認する方法はありますか?

ダニの駆除をご検討されている人の多くはご自宅の中で被害に遭われている場合が多い為、室内にいるダニの生息を確認する方法をご紹介いたします。

1.掃除機+ストッキングで調べる方法

室内で身近なものだけでダニを確認するなら、掃除機に目の細かいストッキングを先端に付け弱めの吸引力で怪しい場所を調べる手段があります。1分ほど吸った後に、ガラス板や白い平らな板の上に埃を落とします。しばらくすると、ダニは動き始めるため目視で確認することができます。ただし、ダニは非常に小さく砂粒ほどの大きさしかない場合もあるため虫眼鏡や拡大して確認できるものを用意しましょう。※ストッキングの代わりに和紙で代用できます。

初めてこの作業をするとダニの生体を見落としてしまう場合がありますので注意して確認するようにしましょう。

2.ダニアレルゲン量計測

市販商品をネットなどで購入する必要がありますが、誰にでも簡単にダニの生息箇所を調べられますのでお勧めな手法です。「ダニ 調査キット」などでネットで調べると様々な商品がありますのでお買い求めいただき説明書の通り作業すれば簡単にダニのチェックができます。

(これらの商品の相場が7,000円ほどです)

3.旗ずり法

白色のタオルや布類をつかんで、調査箇所で引きずります。一通り旗ずり法を行った後、ガラスや白系の板の上に付着物を払い落としダニがいないかを確認します。1.)と同様で砂粒ほどのサイズのダニを探すことになりますので注意して探すようにしましょう。※この方法は屋外でも可能です。

3.ペットの毛の中を調べる。

もし、犬や猫を飼っている場合は非常に高い確率でダニがペットに先に寄生します。理由は動物の体毛の中は適度で隠れやすく食料もつきない快適な場所だからでダニが棲み付いている家には必ずと言っていいほどペットにも媒介しています。

自分でダニを駆除する方法

ダニの駆除は薬剤で駆除することが一般的ですが、ダニ用の薬剤はどれも強力な毒薬を採用しています。取り扱い方法を間違えてしまえば、ペットに被害が及んでしまったり近隣住民に被害が出てしまう可能性もあります。この記事では天然成分でも十分に効果がある駆除方法をご紹介します。

天然成分で駆除する方法

杉オイルスプレーを使用する

おすすめの天然ダニ忌避剤の1つは、杉油スプレーです。  (別名)シダーオイルは、天然の無毒で効果的なダニ忌避剤です。ハイキングに出かける場合は、肌や衣類に直接スプレーしても人体に害がないため非常に便利です。また、ペットに噴射しても害はありませんが目や鼻に直接かからないように注意しましょう。

お店や通販で杉油スプレーを購入することができますが、杉油以外に様々な添加物も入っていますのでご自身で自作する方法もご紹介いたします。

【ご自身で駆除スプレーを作る方法】
・水:60ml
・エタノール:25ml
・杉油オイル:60滴

100均などで購入できる、100mlのスプレーボトルの中に、水(60ml)とエタノール(25ml)をスプレーボトル入れ、60滴の杉の木のエッセンシャルオイルを混ぜればダニ駆除スプレーの完成です。ダニがいる場所に噴射してご使用ください。

ユーカリとニームオイルを使用する

ユーカリオイルとニームオイルの両方が接触するとダニを殺す駆除剤になります。これらのエッセンシャルオイルを使用してダニを駆除するには、100mlの精製水とそれぞれ30滴のオイルをスプレーボトルに入れます。よく振って、ダニを殺したい場所にスプレーします。

珪藻土を使用する(屋外使用推奨)

珪藻土(けいそうど)と言えば、バスマットとして使用される吸水性の強い植物性プランクトンの化石粉末です。珪藻土は有機的にダニなどの害虫を駆除するために非常に効果の強い方法の一つです。今のところ、珪藻土による人体危害は科学的根拠はないとされていますが、心配な人も多い為利用する場合は取り扱いに注意して用法容量を守るようにしましょう。

ダニが珪藻土に接触すると、すぐに脱水し、数時間以内に駆除されます。珪藻土を駆除剤として使用する場合は、庭のダニが生息している場所に珪藻土の粉を振りかけます。また、これを使用して、樹木が茂ったエリアと草が茂ったエリアの間に撒いておくことでマダニによる侵入を防ぐバリアをとして利用することもできます。大雨が降ってしまうと珪藻土の効果が無くなってしまうため、数週間ごと再設置しましょう。

薬剤でダニを駆除する方法

ダニの駆除に用いられる薬品は非常に強力な薬剤を使用していますので、ペット・近隣住民・家電などへの悪影響が出ない環境で使用するようにしましょう。

燻煙タイプ

ダニ用の燻煙製品を室内で焚くことで効果範囲を隙間なく駆除することができます。燻煙が効果があるのは、イエダニ、ノミ、シラミ、ゴキブリなどの害虫に効果が期待できます。また、ダニの成虫・幼虫の駆除はできますが、孵化前の卵に効果はありません。大量にダニが発生している場合は燻煙後にすぐに孵化したダニの被害が始まってしまう場合がありますので、前述の自然由来性のオイル駆除剤を併用することがお勧めです。

マダニの被害に逢っている場合はマダニ用の燻煙剤を選んで購入するようにしましょう。マダニは薬剤への耐性が強く適切な製品を選ばなければ駆除できないこともありますのでしっかりと確認をした上で駆除を行うようにしましょう。

スプレータイプ

スプレーでの駆除は燻煙タイプと違い、家電の故障や近隣住民への迷惑がかかる心配が少ない為、実施しやすい駆除方法です。

スプレータイプの駆除剤は大きく分けて2種類あり、【表面吹きかけタイプ】と【注入噴射タイプ】の2種類があります。スプレーのみでの駆除を検討している場合は両方の製品を使用してダニが生息しやすい場所すべてに使用するようにしましょう。

ダニは、「布団」「カーペット」「カーテン」「マット類」「段ボール」「衣類」「畳」を好んで住処にします。これらの生息場所には最低でもスプレーを使用するようにしましょう。

害虫駆除のプロはどうやって駆除しているの?

自分で駆除を試してもお手上げだった場合は、早めに駆除業者に依頼する必要があります。対策が遅くなると、ダニは繁殖を続け深刻な被害に発展しますので、ダニ駆除は早期対処することを心がけましょう。

当社は害虫駆除のプロですのでお困りの場合はご相談いただければ当社スタッフが無料で見積を差し上げているサービスから受けることができます。

プロの駆除業者がどのような駆除を行っているかをご紹介いたします。

1.ダニ調査

ホームレスキューにご依頼を頂くと、訓練を受けた認定の害虫駆除技術者が無料で調査とお見積りにご訪問します。

到着後、徹底的なダニの調査を行います。ダニの活動や兆候を確認し、どこから来ているのかやどうしてダニが自宅に現れたか確認します。

海外旅行帰り、家具の輸入や山間部への旅行などでダニが自宅に運び込まれてしまう場合もありますが、これらの心当たりがない場合は、床下や天井裏に巣を作っているネズミがダニを運び込んでいる可能性があります。

当社では害獣と害虫の両方の駆除を行っておりますので、総合的に調査をさせていただくこととなる場合もあります。

2.駆除方法の決定と着手

ダニの調査が完了したら、駆除の計画を提案します。ダニの重症度に応じて、駆除の方法が、薬剤噴霧器、液体残留製品、パワー噴霧器などの使用をご相談させていただく場合があります。

粉状製品、噴霧器、ダニ捕りシート、液体残留製品などの対策を組み合わせて適切な場所に適切な対処法を取ります。

ときに、薬剤をもってしてもダニが駆除できない場面があります。ダニが畳や天井裏の断熱材に大量繁殖すると、薬剤で駆除するより事取り換えた方が安くつく場合があります。取り換えた方が早いかは当社のスタッフが調査の時点で結論をご提案いたしますので詳細は調査担当者に確認いただければ親切にご説明差し上げます。

3.経過観察

ダニの駆除は1日で終わることはほとんどありません。ダニを駆除するために薬剤を使用したり、修繕対策など対策をした後でも、ダニは予期せぬ場所に隠れ潜んでいることはよくあります。

一次駆除が完了してから、1週間~2週間ほど経過観察期間を空けます。期間後にダニの駆除が完全に成功したのか、それとも引き続き対策が必要なのかを確認するために再調査します。

ダニの被害を予防する方法

厚生労働省によりダニは日本全国どこにでも生息しているとされています。特に山間部にダニが自然界に住んでいることから内陸に住んでいる場合は注意が必要な害虫です。

ダニは予防対策をしっかりとっておくことで被害が出る可能性をうんっと下げることができますので、ハウスダストのアレルギーに弱い人やダニの駆除が完了した直後の人は予防対策をしっかりと実施しておくようにしましょう。

1.害獣の駆除をしておく

ネズミ、アライグマ、ハクビシンやイタチが自宅の屋根裏や付近に現れる場合は、ダニが運び込まれてしまう危険性が極めて上がってしまいます。自宅に野生動物が入り込んでしまうと対策をしなければ巣を作り始めやがて、糞や尿などの汚物が溜まっていきます。ダニが急速に繁殖を始め屋内の住人に被害を及ぼすようになるまでは時間の問題です。

害虫・害獣の問題を先延ばしにして良いことは何一つありませんので、早期対処を行うことを徹底しましょう。

アライグマ・ハクビシン・イタチは鳥獣保護法により守られている動物です。個人で駆除するには資格や許可が必要になりますので当社のようにプロの駆除業者に相談をするようにしましょう。

当社では、有資格のプロが対応しておりますのでお困りのことがあれば何でもご相談いただいても大丈夫です。

2.家を綺麗に保つ

ダニは食べ物の粕や汚れの多い環境を好みます。掃除が行き届いていない家ほどダニやその他の、ゴキブリなどの害虫が現れるようになります。こまめに掃除するようにしましょう。

  • ・リビングのカーペット。食べ粕や人の髪などをダニが食料源にすることがあります。掃除機掛けを定期的におこなう。
  • ・カーテンを取り外し洗う。カーテンを定期的に洗うことを忘れてしまう人は多いです。以外にもカーテンはダニにとって卵を産んだり、隠れたりするのに最適な場所ですので定期的に洗うようにしましょう。
  • ・ペットの環境清掃。だには犬や猫に付着するイメージは強いですが、そのほかの鳥類やモルモット・兎にもダニが付くことがあります。トイレを定期的に掃除したり体を洗ったりするようにしましょう。※兎はシャワーやお風呂に入れられません。
  • ・ゴミを溜めない。捨てるタイミングが遅れてしまった燃えるゴミや生ごみはダニが繁殖する原因の一つです。蓋の閉まるごみ入れに入れて置き、溜まる前に捨てましょう。
  • ・不要な段ボールは放置しない。段ボールの中のギザギザした中の部分をダニは好みます。身を隠せる上に産卵に適しています。放置せずにしっかりと破棄しましょう。

3.バリアを作成します

世界的に有名な米国の保健社会福祉省(CSC)はダニを家に寄せ付けないために、自宅の周辺に木材チップや砂利で囲うことでダニが家に寄り付かなくなる研究結果を発表しています。ご自宅と自然環境が近い場合は参考にしてダニのバリアを張ることができます。

4.ダニが嫌う植物を植える

ダニを家に寄せ付けなくするために家の周辺に植物を植えることでダニの侵入防止をすることができます。ダニはニンニク、セージ、ミント、ラベンダー、ローズマリー、マリーゴールド、ムラサキシキブがダニの苦手とする植物として挙げられます。

最も効率が植え方は家を一周囲ってしまう事ですが、難しい場合は窓の周りと床下通気口の周辺にこれらの植物を植えて侵入を防ぐようにしましょう。

また、直接地面に植える方が効果的ですが、プランターに植えた植物でも一定の効果がありますので庭が無いご自宅でも対策が可能です。(参考:SmithPestManagement)

困ったらホームレスキューに相談しましょう!

ダニはアレルギーから様々な健康被害を及ぼす可能性のある危険な害虫です。特に一部のダニには治療が難しい病を引き起こす品種が居ます。個人での対策を行うのもお勧めしますが、プロにお任せしてしまう方が確実です。お困りの際は当社では無料で調査とお見積りのサービスを受けられますのでお気軽にご相談いただけますと幸いです。

地域別駆除実績

関西エリア

関東エリア

東海エリア

0120-072-739

現地調査・お見積り完全無料! 最短30分で駆け付け メール相談

0120-072-739

放っておくと危険!お家に異変を感じたら…まずはお電話・メールで無料相談! メール相談は24時間365日受付中!
放っておくと危険!お家に異変を感じたら…まずはお電話・メールで無料相談!