大阪・兵庫・京都など関西一円、関東、中部のアライグマ・イタチ・ネズミ・ハクビシン・コウモリ・シロアリ・蜂等、害虫・害獣の駆除なら、ホームレスキュー株式会社へ!

大阪の害獣駆除専門ホームレスキュー株式会社 全国最安値を目指します card

害獣・害虫駆除 関東・中部・関西一円対応
Web相談24時間365日対応

0120-072-739

0120-072-739

  1. 害獣・害虫駆除のホームレスキュー TOP
  2. 害獣・害虫コラム
  3. ハチ対策コラム
  4. ムクドリの生態や駆除方法

害獣・害虫コラム

Columns

現場スタッフが害獣・害虫に関するお役立ち情報を発信します。

ムクドリの生態や駆除方法

ムクドリとはスズメ目ムクドリ科に属する鳥で、体調が18cm~24cmで一般的なスズメより1.5倍ほど大きな体つきをしています。ほとんどのムクドリは灰色か茶色の毛色をしており、クチバシと足はオレンジ色味がかっている特徴があります。

ムクドリは竹林や雑木林に巣を作る傾向にありますが、近年では都市開発が進んだことで民家やビルに巣を作るようになりました。家の中に住みつく場合は、天井裏や屋根の軒下に巣を作ることが多く、その場合は「リャーリャー」「ピュリリッ」などと鳴き、声が室内まで聞こえてくるようになります。

この記事では、自宅にムクドリが飛来してくるようになった場合に必要な情報や対策・駆除方法をご紹介しております。

ムクドリを駆除するときの注意点

ムクドリの被害に困っているお宅は、駆除する前に必ず知っておかなければいけない注意点があります。第一にムクドリは鳥獣保護管理法によって守られています。そのため、無断でムクドリを捕獲したり駆除することは罰則の対象となっており、違反した場合は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。

ではどうやって駆除すればいいのでしょうか?直接的な駆除や捕獲は禁止されていますが、忌避・防除をすることは許されています。つまり、ムクドリを追い払う目的で市販されている忌避剤を使ったり、ムクドリが家に入ってこないように対策をすることは可能です。

自分で対策をするのが難しい場合は当社のように駆除業者に相談を頂ければ適切に駆除致します。鳥被害は高所での大工作業が必要になることもありますので無理せずプロに相談するようにしましょう。

ムクドリの生態・特徴

ムクドリは沖縄を除き日本全土で見られる渡り鳥です。日本ではムクドリは3月~7月が繁殖期で、主に人里離れた山などで繁殖をします。しかし近年では都市開発が進んだ影響でムクドリが民家の天井裏や通気口の中で産卵をしてしまうようになってきました。そして、8月~9月の夏にかけてヒナが大きくなると家族で行動するようになり、大きな群れを形成するようになります。

また、ムクドリは他の鳥に対して好戦的な姿勢をみせることも特徴的な鳥です。彼らは大きな群れ作る習性があり、数百から数千羽ものムクドリで群れを作ります。そして数の力で他品種の鳥を巣から追い出し奪い取る行動をします。一部の環境保護団体ではこれらの行動が日本の在来種を脅かす可能性があるため対策が必要と考えられています。

一方では、ムクドリは農家にとっては無くてはならないと言えるほど大きな役割を果たしている一面もあります。彼らは農作物に付着する害虫はムクドリの好物ですので率先して農作物を守ってくれていることから農家としては大助かりな野鳥です。

ムクドリが持つ病原菌

ムクドリは渡り鳥です。国外から飛来してくることもあるため様々な病気を抱えてくることがありますので注意が必要になります。有名なインフルエンザからあまり聞きなれない寄生虫から発生する病気もありますので事前にどのような危険性があるのかしっかり把握しておきましょう。

鳥インフルエンザ

毎年流行する鳥インフルエンザは渡り鳥から国内に持ち込まれていると言われており、ムクドリも感染源の一つとして確認されています。感染すると呼吸器症状・発熱・腫れ・倦怠感・消化器官不調などの症状が現れ始めます。例年では10月の冬から感染が広まる傾向にあり、ムクドリがヒナを連れて行動する時期と重なりますので注意が必要です。

オウム病クラミジア

オウム病は基本的には野鳥と直接・間接的に触れることによって感染する病気です。ムクドリが自宅の壁の中や天井裏に巣を作っている場合、これらの病原菌が室内に侵入してくる可能性があります。感染してしまうと、肺炎・頭痛・全身倦怠感・筋肉痛・関節痛などの症状が現れます。適切な処置を受けなければ死に至る可能性もある非常に危険なウィルスですので異変を感じたらすぐに病院で治療を受けムクドリの駆除をしましょう。

クリプトコックス症

クリプトコックス症はハトやムクドリの糞から感染する感染症です。健常者であれば無症状なことが多いが、持病を持っている場合や高齢者の場合は注意が必要な感染病です。症状が発症した場合は主に嫌皮膚から感染して発熱・頭痛・嘔気などの症状が現れます。異変に気がついたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

ニューカッスル病(ND)

ニューカッスル病は鳥類との接触によって感染する病気です。基本的にはインフルエンザに似た症状で病院もインフルエンザと誤診されることがある。ニューカッスルの病原菌は複数種類あり、健康被害や致死率がさまざまです。最も致死率が高かった事例ではカリフォルニアで15%以上にも登ったこともあり、感染時にはワクチンを摂取する必要があるとされています。

日本脳炎ウィルス

日本脳炎ウィルスは基本的には蚊から感染するとされていますが、豚や野鳥などが感染原因になることがあります。ムクドリもこのうちに含まれており注意が必要です。感染してしまうとウィルス性脳炎の原因となり、重度の脳炎を引き起こし死に至ることがあります。ワクチンを接種することが必要になりますので病院にかかるようにしましょう。

このようにムクドリには様々な病原菌を媒介しています。そのほとんどはムクドリと接触することや、糞尿に触れることで感染するものになります。ただし、ムクドリが屋内で巣を作っている場合には感染リスクが非常に高くなりますので早めに対策をしておくようにしましょう。

参考資料:
・NIID国立感染症研究所 
「高病原性鳥インフルエンザの発生状況」
「オウム病(psittacosis )とは」
「クリプトコックス症の概要」
鶏病研究会報
National Livrart of Medicine

ムクドリの正しい駆除方法

住宅で現れるムクドリの被害は大きく2つに分けられます。1つは、庭や駐車場でムクドリが電線などに止まって糞をする被害。2つ目は自宅の天井裏や通気口の中などにムクドリが巣を作ってしまったという被害です。それぞれの対処法を紹介しますので自宅に合った正しい駆除方法を行うようにしましょう。

ムクドリの駆除「屋外」

鳥用の忌避スプレーを買いましょう

市販で鳥用の忌避剤を購入することができます。スプレータイプの忌避剤を使えば鳥を追い払うのに便利です。ただし、一時的に追い払うだけの効果しかありませんので、忌避剤を数回吹きかけるだけではムクドリが来なくなることはありません。

鳥用忌避剤を使用する用途としては、止まれる場所に飛来防止対策を行う前に鳥を追いやるために使ったり巣から出て行ってもらうために使うことができます。

また、軒下や屋根の隙間にムクドリが巣を作ってしまう場合があります。そのような場合は、遠くの場所にスプレーを噴射するための伸ばし棒が売られています。これらのを購入し、離れたところから安全にムクドリの巣に向かって忌避剤を吹きかけることができます。
※伸ばし棒を使って電線に止まるムクドリに忌避剤を吹きかけるのは危険です。感電の恐れがありますので決して使用することの無いようにしましょう。

フクロウやタカの置物を置きましょう

ムクドリの天敵にフクロウやタカがいます。ムクドリが止まる場所から近く見やすい場所に天敵の置物を置くことで寄り付かなくなる効果が期待できます。フクロウの置物は3千円前後で購入することができますので通販などで簡単に入手できる手軽な方法ですのでおすすめです。

置物でムクドリを寄せ付けないようにするには、ある程度ムクドリが止まる場所から近い場所に置かなければ効果がありません。置く場所が効果が無ければ置く場所を変えて試すようにしましょう。

しかし、夏から秋にかけてムクドリは数百から数千の群れをつくり、他の鳥類に対して攻撃的になります。フクロウの置物を攻撃し始める可能性があります。もし、フクロウの置物にムクドリが寄ってくるようになれば軍勢で攻め込んでくる場合がありますので回収するようにしましょう。

防鳥スパイクを設置する

防鳥スパイクを設置することで飛来防止をすることも可能です。防鳥スパイクにも様々な種類があり、鉄製・プラスティック製・樹脂製のものがあります。それぞれ設置する場所に向き不向きがありますので、商品を見て自分でも置けそうだと思える商品を設置するのが最も良いでしょう。また、商品を選ぶ際は剣山の長さが大切です。隙間に剣山を設置する場合は、しっかり侵入口いっぱいをカバーできる防鳥スパイクを使わなければ効果がありませんので隙間に応じた剣山選びも必要です。

剣山の設置は高所での作業が必要だったり、適切な防鳥スパイク選びが難しくプロに任せた方が早いです。当社では鳥獣被害でお困りの内容全般ご対応することが可能です。無料で調査とお見積りを行うことができますのでお気軽にお問合せ下さい。

相談窓口:0120-072-739

CDなど反射力の強いものを設置する

防鳥するために必要箇所でCDを吊り下げるのも効果があります。CDを吊り下げることで鳥が反射光を怖がって寄り付かなくなります。しかし、カラスやハトといった鳥に対しては一時的な対処法でしかありませんのでいずれ慣れてしまうと言われています。実際には1か月もしないうちに再来してしまう場合がありますが、ムクドリに対しては一定の効果が見込めますので設置してみるのも良いでしょう。

ムクドリの駆除「屋内」

天井裏に巣がある場合

ムクドリにとって一般住宅の天井裏は安全で子育てに最適な空間です。ムクドリが一度巣を作ってしまうとノミやダニが湧いてしまいます。放置すると室内にまでこれらの害虫が入ってきたり、最悪の場合ムクドリの赤ちゃんが死んでしまった場合は天井裏で腐敗し異臭がするようになってしまいます。このようなことにならないように、天井裏で鳥の気配がしたら放置せずに早期に追い出すことが必要です。

しかし、自分の家の天井裏なんて見たことが無い人がほとんどです。「点検口」という天井裏に登るための四角い開閉式の扉から登っていきます。点検口はお風呂場の天井によくありますが、無い場合は襖の戸袋の上の板が外れるタイプのお宅もありますので確認してみましょう。

そして、追い出す方法としては大声で追い払うことができる場合がありますが、それでは逃げてくれないこともあります。そのような場合は、鳥用の忌避剤スプレーを購入して吹きかけて逃げてもらうようにしましょう。バルサンなどのように燻煙タイプの忌避剤はムクドリを用意に窒息させてしまう可能性があります。必ずスプレータイプの忌避剤をお買い求めください。

通気口に巣を作られた場合

ムクドリが通気口に住みついてしまった場合は害鳥スプレーで追い出すのが最も良いでしょう。画像では直接吹きかけていますが、ムクドリに攻撃される可能性がありますので少しずつ吹きかけながら近づきましょう。

また、ムクドリの巣には大量のノミやダニが繁殖しています。点検口のネジを外して中身を掃除しアルコール消毒するようにしましょう。通気口の場合は特にこれらの害虫が室内に侵入しやすい為早めに対処することを心がけましょう。

もしムクドリのヒナが孵っていたり、卵がある場合は外に出しておき親ムクドリに運んでもらえるように近くに置いておくと良いでしょう。ただし、親ムクドリが帰ってこずヒナを連れて行かないことがあります。そのような場合は息を引き取ったことを確認してから処分するしかありません。

もし処分する方法が分からない場合は、近くの害獣駆除業者に依頼すると回収してもらうことができます。

プロに任せれば確実です

ホームレスキューはムクドリの駆除に対応しています。高所での作業が必要になった場合や壁の中で手が出せない場所にムクドリが住み着いてしまった場合など、あらゆる場面でも対応することが可能です。お客様の被害状況に応じた対策方法をご提案させていただきますので、当社の提供する無料の調査・無料見積サービスをお求めください。

参考資料:
・NIID国立感染症研究所 
「高病原性鳥インフルエンザの発生状況」
「オウム病(psittacosis )とは」
「クリプトコックス症の概要」
鶏病研究会報
National Livrart of Medicine

地域別駆除実績

関西エリア

関東エリア

東海エリア

0120-072-739

現地調査・お見積り完全無料! 最短30分で駆け付け メール相談

0120-072-739

放っておくと危険!お家に異変を感じたら…まずはお電話・メールで無料相談! メール相談は24時間365日受付中!
放っておくと危険!お家に異変を感じたら…まずはお電話・メールで無料相談!