関東・中部・関西のアライグマ・アナグマ・イタチ・ネズミ・ハクビシン・シロアリ・蜂等、害虫・害獣の駆除なら、ホームレスキュー株式会社へ!

大阪の害獣駆除専門ホームレスキュー株式会社 全国最安値を目指します card

害獣・害虫駆除 関東・中部・関西一円対応
Web相談24時間365日対応

0120-072-739

イタチ駆除

イタチとは

イタチに属する種類は、世界全体で16~18種類にも及びます。日本に生存するイタチ属は7種類おり、その中で被害を及ぼすイタチの多くは殆どが【二ホンイタチ】【チョウセンイタチ(シベリアイタチ)】の2種類です。イタチは周囲を見渡すために立ち上がることが多く、体長は二ホンイタチ、チョウセンイタチ共にオスが約27㎝~39㎝で、メスは二ホンイタチで16㎝~25㎝、チョウセンイタチで25㎝~31㎝となり、尻尾の長さはオスの二ホンイタチで12㎝~16㎝、チョウセンイタチが16㎝~21㎝で、メスが二ホンイタチで7㎝~9㎝で、チョウセンイタチで13㎝~16㎝となっています。体重はオスが二ホンイタチで290g~650g、チョウセンイタチで650g~820g。メスが二ホンイタチで115g~175g、チョウセンイタチで360g~430gとなっています。チョウセンイタチは二ホンイタチと比べると全体的に大型で、尾率が50%を超えるのです。イタチ属はしなやかな細長い胴体、短い脚、顔は鼻先がとがており、丸く小さな耳が特徴です。毛色は、顔を除く全身が茶褐色から黄褐色で、口元は白く、丸く可愛らしい目の周りは黒い色です。その可愛い見た目とは裏腹に、かなり獰猛なので、むやみに手を出すのは大変危険です。ペットとして飼われるフェレットや、同種の野生動物であるテンやオコジョなどとは見た目が似ていても全く性質が異なるイタチにはどんな生態で、どんな習性があるのでしょう。イタチの被害に遭われている方へ、その習性と生態、イタチが起こす被害について紹介しますので、参考までにご覧ください。

イタチの習性と生態

イタチは見た目は可愛い動物なのですが、非常に獰猛な肉食を好む雑食です。主食としては主に動物を捕食しており、ネズミや小鳥等の小動物、両生類、カニやザリガニ、昆虫類を主に食べ、クワの実、桜、山葡萄などの植物質である実なども食べます。時にイタチは、自分よりも大きな生き物も獲物として鋭い歯を使い捕食することがあるのです。イタチの天敵は、キツネやフクロウ、タカやワシなど動きの速い動物で、数センチの隙間に入り込むことができる柔軟性と地面に穴を掘ったり、垂直に壁を上ったりする機動性を活かし、敵から逃れる習性があります。イタチは沖縄以外の全国各地に分布しており、在来種に限ると【二ホンイタチ】【チョウセンイタチ】【イイズナ】【オコジョ】の4種類が生息します。その中でも被害の多い【チョウセンイタチ】と【二ホンイタチ】の生態についてお話します。イタチは冬眠せず一年中、決まった活動時間などもないため、昼夜問わず活動します。繁殖期以外は主に単独行動を基本とし、二ホンイタチの手と足の指の間に水かきがあることから泳ぎも得意なのです。冬にも水に入り潜ることもあり、主な活動地域は湖や池などの陸に囲まれた湖沼のような水辺や、水辺から離れた森林地帯にも生息しています。鋭い爪を器用に使い木にも登ることがあり、行動範囲も非常に広いのが特徴です。また、チョウセンイタチは周辺に農耕地や森が近い受託地や農村周辺など、山と平地の境界付近に生息します。沢の下流を除き山間部にはあまり入り込まないことで知られています。大阪市などでは住宅密集地でも生息が確認されており、主に人里に多く生息しています。二ホンイタチの繁殖は地域によって1回~2回。一回の出産で1匹~8匹の赤ちゃんを産みます。チョウセンイタチは春に繁殖期を迎え、一回の出産で2匹~12匹の赤ちゃんを生みます。授乳期間が40日前後で、生後10週目あたりから幼獣自身で餌を狩りに行くようになり、秋には親離れします。

イタチが及ぼす被害

近年ではイタチが住宅などで姿を現すことが多く、民家へ侵入し棲みついてしまうケースが多く見られています。イタチにより農産物を荒らされてしまったり、飼育しているペットが襲われたり、様々な被害が報告されています。次に紹介するのが、民家へ侵入されて起こり得る被害ケースです。まず、棲みつかれた場合、基本的には自然にイタチ自ら出ていくことはありません。天井裏には断熱材が使用されている家が多く、断熱材の上で、繁殖をしているケースが多く見受けられます。また、棲みつかれて一番困り、そして多い被害の一つなのが、騒音や悪臭です。夜になると天井や壁の中でドタバタ、ガリガリなど、耳につく騒音で悩まれる方が多くおり、ひどい方だとノイローゼになってしまう場合もあります。そして、日々たまっていった排出物やイタチ独特の獣臭により、天井裏や床下から悪臭が発生してしまいます。またイタチは肉食なた為、糞の臭いも強く、その匂いが原因で新たな動物を引き寄せる原因にもなります。その他の被害で最も怖いのが、菌や寄生虫による病気です。野生動物には必ず、ダニやノミが寄生していたり、多くの菌が潜んでいます。イタチが運んできたダニやノミに刺されてしまうと激しいかゆみに襲われたり、ダニの死骸はアトピーやぜんそくの原因になります。多くの菌がいるイタチは食中毒の原因となるサルモネラ菌なども潜んでいる可能性があり、棲みつかれた場合は本当に様々な注意が必要なのです。

最後に

侵入されてお困りの方は、イタチの嫌いな臭いを発する動物用忌避剤等を紙玉に染み込ませ、固く絞ったものを敷いて追い出したり、燻煙剤を棲みつかれた屋根裏で炊き、煙で追い出す方法などがありますが、それでも出ていかない場合があります。もしも家にイタチの気配がされた場合、駆除をしてからの消毒、殺菌、消臭を徹底して行わなければならないですし、イタチのメスは鳥獣保護法で定められた、殺してはいけない動物なので、無理に自分で駆除をしようとせず、プロの専門家に任せることをおすすめします。

地域最安値

今月中にお見積もりご依頼の方限定「お見積額から10%OFF」「最安値保証付き」

0120-072-739