関東・中部・関西のアライグマ・アナグマ・イタチ・ネズミ・ハクビシン・シロアリ・蜂等、害虫・害獣の駆除なら、ホームレスキュー株式会社へ!

大阪の害獣駆除専門ホームレスキュー株式会社 全国最安値を目指します card

害獣・害虫駆除 関東・中部・関西一円対応
Web相談24時間365日対応

0120-072-739

ハクビシン駆除

ハクビシンとは

都会にも現れる害獣の「ハクビシン」は日本のほとんどの地域に生息している獣です。狸よりも多く目撃されるほど、多くなっており、その被害は後を絶ちません。 ハクビシンは外見はかわいく、頭から鼻にかけて白い線が入っています。尻尾は長く、身体はイタチみたいなすらっとしたラインが特徴です。大きさは狸に似ており、3キロから6キロくらいになります。 しかし、狸に見た目が似ているだけで実際のところは全然違うのです。イヌ科の狸に対し、ハクビシンはネコ科なので、木登りや、電線を渡れるくらい身軽で非常に身体能力が高い動物なのです。 こちらでは、そのネコ科のハクビシンについての情報を掲載します。被害でお困りの方や心配のある方はぜひ参考までにご覧ください。

ハクビシンの生態&被害

ハクビシンの生態とその被害についてを紹介します。 ハクビシンは動物で唯一日本に住んでるジャコウネコ化の哺乳類とされています。ハクビシンは外来種か、在来種かが未だにわからず、どちらの説もあり、外来種の説は「明治時代以降に毛皮用として中国から持ち込まれたものが野生化した」「ジャコウネコ科動物の化石が過去に日本で発見されたことがない」と言われています。在来種の説は、「江戸時代の書物に雷獣としてハクビシンが描かれている」「日本の個体の頭骨計測値や形態学的特徴が海外のものと異なる」との説があります。日本以外の生息地は中国南東部、台湾、インド、スマトラなどの東南アジアにかけて広く分布しています。 ハクビシンの被害は主に農業に関する被害が多く、その他に住環境の被害が上げられます。農業に関する被害は主に桃や葡萄、さくらんぼ、みかんなどの果樹つが多く、トウモロコシやメロン、イチゴやすいかなどにも被害が出ています。住環境の被害は屋根裏に住み着いてしまい、騒音や、糞尿による汚染などの被害、悪臭の被害などが後を絶ちません。身体には様々な害虫が帰省しているため、素手で触ることは大変危険です。可愛い見た目なので、ペットとして飼いたい人や、飼っている人もいますが、野生の動物を飼うためには飼育許可書が必要です。生涯飼養許可が鳥獣保護法により必要なのと、病気や怪我をしていないハクビシンは、なかなか許可が下りないようです。

ハクビシン対策&予防

ハクビシンの被害は多く、毎年繁殖するので、屋根裏に棲みつかれてしまったら、天井が糞尿などで腐敗してしまったり、最悪の場合、人間のほうが家を出なければならくなる可能性もあります。自分の家に棲みつかせないよう予防と対策をご紹介します。 なるべく、餌になるものは置かないようにしましょう。生ごみや、食べかすなどを食べに来ることがあるのです。ハクビシンが住みやすい環境は自然とハクビシンを呼び込み、気づけば巣にされてしまいます。 庭がある人は、草を生い茂らせないことをおすすめします。隠れられる場所はハクビシンにとっていい所になってしまいます。ハクビシンは自分の頭が入ればどこでも侵入するので、「気づかないうちに家に棲みつかれていた。」ということにもなります。 用心をしている人は、電気柵などが一番有効的です。 ハクビシンが表れてしまった場合は、臭いの出る忌避剤を使用するのも効果がありますが、注意が必要になります。ハクビシンが出ていく前に塞いでしまうと中で死んでしまい、悪臭や病気の原因になります。 自分の手に負えない場合は、すぐに害獣駆除の専門のプロに頼むのをおすすめします。

ハクビシンの駆除

ハクビシンの駆除は法的に自分で捕まえ駆除することができません。実際に被害が出て、有害鳥獣と認められて、自治体からの許可が下りない限り駆除はできないので、害獣駆除の業者さんにお願いするのが一番早く、一番いいと言えます。 ハクビシンの駆除には足跡なら侵入口を調査し住処になっている場所の被害状況を調査します。捕獲作業を行い、ハコ罠などの罠を仕掛け捕獲します。 害獣駆除の専門のプロは、ハクビシン以外にも様々な害獣駆除を行っているので、安心して依頼することができます。屋根裏やキッチンなどに潜む害獣を駆除、保護しますので、お悩みの方は是非一度探してみてください。

最後に

見た目がとてもかわいらしいのが特徴のハクビシンですが、ひどい場合、飼っているペットにまで被害が出る可能性があり、放っておくととても危険です。取り返しのつかない被害になる前にハクビシンの駆除をおすすめします。 様々な害獣の被害でお困りの方や、何が棲みついてるのかわからないなどの不安がある方多くいます。ハクビシンの場合は鳥獣保護法で駆除が厳しくなっているので、業者に依頼することが一番おすすめですが、ハクビシンなどの害獣に棲みつかれないように上記でも記載した予防をしっかり行っておきましょう。 古い家だと、屋根裏に棲みついたハクビシンが動き回り、その重みで天井が抜けてしまうという被害の方もいました。そうなった際の修理費や危ない場合、大けがをする可能性もあるので、本当に注意が必要です。

地域最安値

今月中にお見積もりご依頼の方限定「お見積額から10%OFF」「最安値保証付き」

0120-072-739