関東・中部・関西のアライグマ・アナグマ・イタチ・ネズミ・ハクビシン・シロアリ・蜂等、害虫・害獣の駆除なら、ホームレスキュー株式会社へ!

大阪の害獣駆除専門ホームレスキュー株式会社 全国最安値を目指します card

害獣・害虫駆除 関東・中部・関西一円対応
Web相談24時間365日対応

0120-072-739

ノミ、ダニの恐怖

こんにちは、近頃は朝晩がめっきりと涼しくなってきましたね。

秋ですね、食欲、読書、旅行、いろいろな秋が有りますけど、

僕的にはのんびりと、どこかの温泉にでも行きたい気分ですね。

さて、話しは変わりますけど

皆さんはノミ、ダニについてどれだけ知ってますか?

犬や猫に付いてて血を吸う虫、もちろん人の血も吸いますよね、同じ血を吸う蚊に比べても気持ちの悪い生き物ですよね、しかもちっさくて見つけるのも難しいし布団、カーペット、衣類など、どこにいても分かりません。何かの拍子に口の中にも入っているかも知れません。そんなノミ、ダニの事を詳しく説明しますね。

ノミはペットの血を吸い、刺激を与え、またアレルギー性皮膚炎や条虫の媒介など健康上重大問題を引き起こすこともあります。さらにノミは、あなたの家の中に入り込み、卵や幼虫の状態で、畳の隙間やカーペット、家具のかげなどで繁殖を繰り返します。

環境中に存在するノミの成虫はたった5%、残りの95%が未成熟のノミ(卵・幼虫・蛹)といわれています。

動物の皮膚にくちばしを突っ込んで吸血(血を吸う)する外部寄生虫で、ヒトも吸血します。また体長の約200倍飛ぶこともできます。

ダニは、貧血や皮膚病の原因になるだけでなく、病気の媒介など、健康上重大問題を引き起こします。

草や木に登って、動物への寄生のチャンスを狙っています。

いわゆるダニといっても、多くの種類のダニがいます。

皆さんがよく目にするダニは、「マダニ」というダニです。マダニは、ダニの中でも大きく、血を吸っていない時では約2~3mmですが、血を吸った後には、その100~200倍まで大きくなります。

マダニは、動物の皮膚に、口器(くちばし)をさし、周囲にセメント状の物質を出し、簡単に離れないようにしています。

イエダニは「屋外ダニ」の一種で、イタチ、ネズミ、鳥類などに繁殖するダニです。

マダニとは違い、刺すだけではなく血を吸うため、肌の柔らかいところで且つ血管のそばを刺すことが多いのが特徴です。

刺された箇所は、しこりと水泡ができるので、マダニの刺し痕とは少々見た目が異なります。

屋根裏に棲み付いたネズミの活動が活発になる冬に発生することも多いダニなので、もし乾燥する冬に刺されてしこりと水泡があればイエダニの可能性を考えましょう。

イエダニの被害の厄介なところは、痒み以外にも様々な感染症を引き起こす可能性があることで、根絶のためには媒介者となるイタチやネズミ、鳥類などを駆除しなくてはなりません。

ダニは、顎が強くないために内ももやお腹、二の腕の内側など柔らかい場所を集中的に刺します。また、吸血行動をとるダニ(イエダニ)は血管のある場所を狙って刺してくることも多く、足だけ集中的に刺されている場合と見分けがつきやすいです。

ノミは飛び跳ねるので目視でも見つける事ができますが、人を刺すダニは1mm未満のものが多く肉眼で確認する事は難しいです。

また、ノミは光に集まる習性があるので日中でも刺される事がありますが、ダニは夜行性の為、室内が明るいうちは畳やカーペットの裏側に逃げ込んでしまうので刺咬被害は少なく、夜に出てきて刺します。

刺される場所、刺された時間などでダニとの鑑別ができるのがノミの特徴です。

怖いですね、こんなノミ、ダニが

害獣や害獣達のするフンに集っているんですよ、もっと言えば死骸なんかだとウジ虫やハエも必ずと言っていいほどいてますからね。

害獣でお困りのお宅では害獣はもちろん、それ以外でもいろんな問題が起こっていますよ。

なかなか調べる事の出来ない天井裏、床下などは特に注意ですよ。

実際に害獣駆除の作業中に血を吸われる事も有るし、ピョンピョン飛び回ってたりもしますしね。

でも大丈夫!!

僕らに任せてもらえれば、害獣駆除もフン掃除も消毒もノミ、ダニ駆除もまとめてできますので悩みは全て解決できますよ、ほっておいてもいい事なんか全くありません、どんどん被害が大きくやるばかりですしどうしようもなくなってからでは金額も高額になってしまいます。

早い対処で快適な生活を取り戻して下さいね。

地域最安値

今月中にお見積もりご依頼の方限定「お見積額から10%OFF」「最安値保証付き」

0120-072-739