大阪・兵庫・京都など関西一円、関東、中部のアライグマ・イタチ・ネズミ・ハクビシン・コウモリ・シロアリ・蜂等、害虫・害獣の駆除なら、ホームレスキュー株式会社へ!

大阪の害獣駆除専門ホームレスキュー株式会社 全国最安値を目指します card

害獣・害虫駆除 関東・中部・関西一円対応
Web相談24時間365日対応

0120-072-739

0120-072-739

  1. 害獣・害虫駆除のホームレスキュー TOP
  2. 害獣・害虫コラム
  3. コウモリ対策コラム
  4. コウモリの駆除時期(決定版)

害獣・害虫コラム

Columns

現場スタッフが害獣・害虫に関するお役立ち情報を発信します。

コウモリの駆除時期(決定版)

コウモリの駆除時期はいつ?

コウモリの駆除は冬眠時期を省いた、4月~10月の間であればいつでも駆除ができる動物です。コウモリは春に目覚め繁殖期の準備を始め、夏に子を産み育て、秋に冬眠準備をして、冬に冬眠に入るというルーティンを毎年繰り返しています。つまり、コウモリが活動する春から秋にかけて駆除が可能ということになります。

もし冬に被害が発覚したら、まずは駆除業者に相談するほかありません。冬の冬眠時期の駆除は駆除業者でも駆除が難しいことあり、深い眠りについたコウモリは強力な薬剤で追い出そうとしても起きずに室内に残ってしまうためです。調査に来てもらい相談をしましょう

コウモリの駆除時期はいつ?(個人駆除の場合)

ご自身での駆除を検討の場合は、駆除に最適な期間が少し違います。
個人で対策を行う場合は、春(4月~6月)秋(9月~10月)が最適です。

理由は、7月~8月の間は自力で外に出ることができない子コウモリが室内にいるためです。コウモリの駆除は一般的に市販されているハッカスプレーなどのガスや煙を吹き込み、室内のコウモリを追い出します。その際に、動くことができない子コウモリは室内に取り残されてしまいます。親が居なくなった子コウモリは餌にありつけず屋根の狭い隙間などで力尽きてしまいやがては腐敗することになります。

天井裏や壁の中でコウモリが死んでしまった場合は手の届かない狭所処理が非常に難しい場合がありますので生体しかいない春と秋に駆除をするようにしましょう。

最後に

コウモリはネズミと違い、鳥獣保護法により守られています。勝手に捕獲・処分をすると罰則を受けることとなりますのでスプレーなどの忌避剤で追い出す以外の手法を取ってはいけません。また、コウモリを駆除する際は、感染病・寄生虫に感染するリスクが高いため、防塵マスク(ガーゼ・不織マスク不可)とゴーグルを必ず着用の上駆除を行うようにしましょう。

メールでお問い合わせ:https://kujo-service.com/contact/
地域別駆除実績

関西エリア

関東エリア

東海エリア

0120-072-739

現地調査・お見積り完全無料! 最短30分で駆け付け メール相談

0120-072-739

放っておくと危険!お家に異変を感じたら…まずはお電話・メールで無料相談! メール相談は24時間365日受付中!
放っておくと危険!お家に異変を感じたら…まずはお電話・メールで無料相談!