アライグマが媒介する感染病

日本では野生のアライグマが都心部や地方関係なく全国に広く生息しています。見かけることは少なくても、実はひっそりと我々の生活空間のすぐそばに暮らしています。 そんなアライグマですが、野生のアライグマは大変危険な病原菌や寄生虫を宿しています。 感染すると大変危険なウィルスもありますのでアライグマが万一にもご自宅に侵入してきたときは慎重に対応しなければなりません。 アライグマの媒介する感染病について アライグマから感染する感染病は、カンピロバクター・サルモネラ症・SFTS・日本脳炎ウィルス・レプストピラ症・アライグマ回虫・狂犬病など様々な病原菌や寄生虫を宿しています。大変危険な感染病も中には含まれていますのでその危険性についてご紹介いたします。 カンピロバクター食中毒(★☆☆☆☆) 食中毒を引き起こす病原菌は様々ですが、カンピロバクターは潜伏期間が2~5日と比較的長いことが特徴で、下痢、腹痛、発熱、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などが症状として現れます。消化器官にも悪影響があるとされており消化不良の症状が1週間も続く場合もあります。 発熱する場合は平均38.3℃まで上がり、ほとんどの場合自然治癒します。 サルモネラ菌(★★☆☆☆) サルモネラ菌は、アライグマが保有する病原菌の一種で食中毒になる細菌です。一般的にチフス菌を覗いたサルモネラ菌を食中毒サルモネラ菌と呼ばれています。 毎年100~13 … 続きを読む アライグマが媒介する感染病